人参の芽とふたつめのレイズドベッド
見出し画像

人参の芽とふたつめのレイズドベッド

山田 岳人(やまだ たけと)

実は先々週あたりから確認していたのだけど、人参の芽が出たのだ!

最初は種からヒゲみたいな根がでていたのがここまで新芽っぽい形になった。かわいい!ビニールトンネルを作ってから出たので、やはり気温だったのだろうなぁ。これは嬉しい。

人参は芽が出れば成功といわれている野菜なので、まずは一安心。順調にいけば春過ぎに収穫かな。

で、写真撮ってなかったが、年末からふたつめのレイズドベッドをつくりはじめた。

1日かけてひとつめと同じサイズの穴を掘る。えっと、150cm×60cm×30cmかな。相変わらず、岩と石が出る。だいたい5-6時間ぐらい。

同じくレイズドベッドの枠をつくり、配置。

枠は正月休み最終日につくった。慣れたので1時間もかからず。

あとは掘って出た土をふるいでひたすらふるう。1日3-4時間で2日間かかった。

ゴミとなった石と土。錆びた釘とかも掘り出された。ゴミ袋16袋。足りなくなり途中から土嚢袋に切り替え。土嚢は10袋になった。捨てるのに何週間かかるやら…。

ふるったら今度は土づくり。ハイパワー苦土石灰、鶏糞、バーク堆肥、油かす、余ってた腐葉土を入れて耕す。

耕したらたっぷりと水をかける。

完成。今回はちょっと土づくりに投資した。バーク堆肥を使った。あと、油かすも追加。果たして違いはあるのだろうか。

黒マルチをかけておしまい。これで数週間寝かせて発酵させる。ヨーグルトづくりみたい。

黒マルチは黒いビニール。日光を溜め込み、土の温度をあげる効果と密閉することで保湿効果もある。そして、黒いので光合成を阻害し、雑草が生えない。人参の方にもあらかじめ敷けばよかったな…。

こんな感じで2つ小さな畑ができました。さて、ひとつは植えるの決まっているんだけど、あと1種類くらい植えれるスペースあるのでなにを育てようかなぁ。

この記事が参加している募集

つくってみた

Thanks!
山田 岳人(やまだ たけと)
特に山登りはしないです。