レイズドベッドっぽい畑にしたい
見出し画像

レイズドベッドっぽい畑にしたい

レイズドベッドってご存知ですか?

実は調べるまで知りませんでした。単純に穴を掘るのも疲れるので花壇みたいに一段かさあげをしてそこに土を流し込めばその分の深さは掘らなくてもいいんじゃないか。

そんな考えで「畑 仕切り」とかでググっていたらレイズドベッドというのが存在するのを知りました。

水捌けが良く見た目もおしゃれだし!これはいいと思って構想を始めました。

ただ、やはりDIYで作るとなると木材になり、地中に埋めないとしても、やはり木材は塗料を塗ってもシロアリの危険が高そうでした。塗料とかも調べたけど、木材をシロアリから遠ざけるのはなかなか難しそう。

数年ごとで木材を入れ替えるのがベストとか…。正直、家の近くじゃなければ別にシロアリ発生しても気にしないが、住宅地なのでご近所問題にもなるし避けた方がよさそう。

花壇と同じくレンガやブロックでつくるのも考えたが、庭全体を考えると同じような見た目のものが増えるので嫌だなぁ…と却下。

いろんな可能性を考えてググってたどり着いたのがこれ。

人工木というもの。これなら見た目は木材だが、天然木成分は入ってないので虫食いや腐食の心配が少ないというもの。

それなりのお値段だが、数年置きに木材を入れ替えるコストと常にシロアリに怯えるのを考えるなら初期投資で解決できるなら良いと思った。

木目も人工

見た目は本当に木材っぽい。今回は枕木のタイプにした。本当は玄関前のおしゃれ支柱として使ったりするものだとは思う。

素組してみる

軽く並べて組んでみる。イメージとしてはこんな感じ。高さが20cmあるので15cmぐらいはかさあげできる。ただ、ヨメ曰く「うん。見た目は風呂だね。」とのこと(苦笑)

ステンレスL字金具

人工木を繋ぎ合わせるのはステンレスの金具を使うことにした。野外で雨ざらしになるので錆びにくいステンレス。外側に金具が見えるのが見た目上、嫌だなって思ったのでL字で内側のみで支える形にする。

ホームセンターで探したが、金具とネジがバラバラで売っているので合うネジの太さに確証が得れずAmazonでセットのものを注文。

ネジ穴を空ける

インパクトドライバーにドリルのパーツを取り付けネジ穴に下穴を空ける。そこにネジを止めていく。

枠組み完成!

四方止めれば完成!うん!風呂桶だな!少し小さいけどたぶん縦に3つは野菜を植えれるはず。

これを2つ作り、レイズドベッド風なのを2つ並べる予定。人工木はそれなりに高いのでこれを2段重ねるのは経済的に難しかったのでその分は土を掘り起こしていた。

掘り起こしたのが30cm。人工木部分が15cm。合計45cmぐらいになる。これだけ深さがあればいろいろな野菜が育てられると思ってはいる。

来週以降は土をふるって掘り起こしたところを埋めていきつつ、土づくりをしなければ!

嬉しいです!
特に山登りはしないです。