2021年をふりかえる
見出し画像

2021年をふりかえる

山田 岳人(やまだ たけと)

気がつけば年末だった。2021年という1年がどうだったかをポイント絞って振り返ってみようと思う。

抱負に対してのふりかえりはこちら。

2021年で無数の石と土を捨てた

抱負のふりかえりでも書いているので割愛するが、石だらけの庭を開墾した。1月と12月のBeforeとAfterの写真だけあげておく。なかなか楽しい趣味ができたと思っている。数えてないが、捨てた石と土の袋数は、たぶん70個は軽く越えているはず。

Before 2021.01
After 2021.12

2021年で親として娘の青春を見守った

娘に彼氏ができて会ったという話。娘のプライベートな内容なので有料だが、娘の青春の手助けはできたかなって思っている。

2021年で娘はがんばって成績を戻した

昨年の夏から急激に娘の成績が落ちた。結果的には勉強をしなかったからだ。

これは別に万人に当てはまるわけではないが、スマホを買い与えたところ、ずっとスマホ。スマホの使用制限時間を越えたらパソコンでネットばかりしていたからなのだろう。(あまりにひどかったので子ども用Windowsの /etc/hosts を書き換えてLINEとinstagramへのアクセスをブロックしたぐらいだ…。)

そうしたら、きれいなぐらいに成績が下がった。偏差値が平均を割ったのだ。それから娘と話し合いをして塾に通うことになった。個人としては、親が決めて無理やり塾に行かせるのは嫌ではあったので、娘自身に決めさせた。

そこから娘は本当にがんばって、成績を戻していった。結果的に、内申は上がり、模試の結果もよくなり、偏差値は平均を上回った。

偏差値とか内申とかは、親としてはどうでもよい。それよりも、娘は将来、学校の先生になりたいという夢を持っている。それを叶えるには、現状の自分が成績が下げていることを認識し、今のままではダメだと認めたこと。そして、勉強ができる環境であった塾に行くという選択肢を選び、持続してここまでがんばったことを褒めたい。娘が戦ったのは、受験ではなく自分自身。

それを支えるため、オレは週2〜3回、娘を塾に送り迎えするためにアッシーくんをしている。そのくらいしかしてやれなかったけど、年明け無事に受験が合格できることを信じている。

2021年で一番ツラかった数週間

これが2021年で一番ツラかった。我が家ではモルモットを飼っています。今年で5歳。夏のおわりに突然具合が悪くなりました。ご飯をあげようとすると歩くと転ぶのです。ローリングという体が回る症状と眼振(眼が揺れる)が唐突にあらわれました。朝は元気だったのに。

すぐに動物病院に行き、「エンセファリトゾーン」という寄生虫による脳の炎症の病気か、耳奥に炎症がみられるのでその影響だろうということで、2週間ぐらい薬を飲ませ続けました。数日、ご飯も大好きな野菜も食べず…。

結果として、薬が効いたのでしょう。数週間経過後、元気になりました。減った体重も12月で元に戻るまでに回復。ただ、もう具合が悪くなった時は、死んじゃうんだろうと覚悟しました。モルモットの寿命は5〜8年でもうおじいちゃん。治らないことを覚悟しました。ヨメは、朝起きてきて、息をしているかを確認するのが一番ツラかったそうです。動物病院の先生には、感謝しかないです。

Googleのクチコミをしっかり投稿させてもらった
元気になったあとの放牧の様子

2021年で一番の出費

ヨメが(これで2回目だが)車で事故を起こしてしまった。信号で急ブレーキをかけたら後ろから追突されてしまったのだ。怪我とかは双方なかったのだが、車は後ろのドアが開かないほど凹んでしまった。

大きく凹んでしまった

事故は、追突だったので10:0で相手の責任となった。それなら費用負担はないだろうと思ったのだが、うちの車が低価格かつ年数経過により相手の保険では修理費が満額でないということに…。

数ヶ月交渉したが、結果ダメだった。自費で不足分を出して修理をするか、自身の車両保険を等級下がて使って相当額を得るか。…相手が車両超過修理費用特約に入っていないのでどうにもならなかった。10:0になったがゆえの理不尽…。まぁ、うちが急ブレーキをかけたからなんだが…。

結果的に後者を選択して、等級を下げて全損分の車両保険料を得て新しい車に買い換えることになった。当然だが、買い替えになったのでかなりの出費になった…。まぁ、ヨメが無事だったので良かったのだが。相手が加入していないと意味がない特約なんて意味ないじゃんか…。

ちなみに、買い替えた車は、安全装置が付いているという軸で探した。どうも我が家の人間は運転下手なので…ね(苦笑)

2021年で一番美味しかった料理

本当はヨメの料理!というのがいいんだろうけど、旅行で一泊した伊豆高原の「きらの里」という宿の料理が最高だった。

肉じゃないよ。マグロだよ!
海鮮しゃぶしゃぶ

たぶん今まで食べた料理の中でトップクラスだった。なんと夜には夜食の屋台ラーメンが食べ放題。

屋台ラーメン。おかわりしたら腹がはち切れそうになった。

宿も快適でホテルの方の接客も近すぎず遠すぎずで、とても感じが良かったのでおすすめの宿。ここはまた行きたいと思える宿だった。

2021年の美味しかった日本酒

今年飲んだ日本酒の中では思い入れもあるからだけど、七賢の「なま生」がうまかった。

七賢は山梨県にある酒造なんですが、子どもの頃に父親に連れられて何回か蔵を訪れたことがあるのです。

数年前に旅行先の民宿でこの「なま生」を出されてすごく飲みやすく美味しかったのでお酒の名前を聞いてメモしていたので、購入して飲みました。おすすめです。

2021年でループ再生し続けた曲

在宅勤務となり、仕事をしながら音楽を聴く時間が増えました。99.65%ぐらいアニソンしか聴いていないですが…。その中でも1日8時間リピート再生で聴いている2021年の曲を紹介。

閃光

Alexandrosの「閃光」。これをループ再生して下がってしまったモチベーションを維持して乗り切りました。

こっちのMVは最高だ。映画のシーンと曲の波長が完璧。ちなみに、これはEnglish verなのだが、一時期日本語verもあったんだけどなぁ…。復活しないかなぁ…。

Avid

SawanoHiroyuki[nZk]:mizukiの「Avid」。これをループ再生して難解な業務フロー構築をテンション高く進めてました。

往け

LiSA様の「往け」。劇場版 SAOの曲。これをループ再生して時間に追われる仕事をテンション高く進めてました。

2021年でよかったアニメ

深くは語らない。2021年でよかったアニメをテレビ・映画含めて羅列するぞ。

閃光のハサウェイ

ダバオ市街地襲撃の戦闘描写が最高!カッコよさと現実味のある戦闘描写がすげぇ良かった!「身構えているときには死神は来ないものだ。」

エイティシックス

9話の「少佐。先に行きます。」でAvid流すのは泣ける。何回も見直したよ。あと、ファイドが健気かわいすぎる。飼いたい。

SAO プログレッシブ

戦闘シーンがカッコよかった。アスナのウインドフルーレの伏線は小説と上手いこと繋げたと思う。EDでのLiSA様の「往け」は本当に良かった。

白い砂のアクアトープ

水族館を通してヒロインたちがそれぞれの夢と自身と向かい合い成長していく姿が良かった。

スーパーカブ

山梨県北杜市の美しさとカブに対する愛に満ちた描写が良かった。

100万の命の上に俺は立っている

13話の15年経過した世界でカハベルが四谷に告白するシーンが泣けた。

ブルーピリオド

美大受験の壮絶な現実味帯びたきれいごとばかりじゃない真に迫った描写が良かった。

フルーツバスケット

家族で最初から最後まで見た。ドロドロと癒やしが絶妙にいりまじった作品だった。

ホリミア

堀さんがかわいい。とにかくキュンキュンしたいなら観た方がいい。

無職転生

王道の異世界ものだったが、エリスが成長して大人になっていく姿がよかった。最終回のエリスのシーンは良かった。大原ゆい子の映像と一体化したOPも良かった作品。

ぼくたちのリメイク

賛否両論ありそうだけど、しのあきがかわいかったからオールオッケー。主人公がオレと近い仕事をしていたのもあったかも知れない。

以上。2021年おつかれさまでした!皆様、良いお年を!!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、しがない社会人のしがない日記が読めます。月2回以上更新します。

みんなで日記を書き合うだけのマガジンです。

Thanks!
山田 岳人(やまだ たけと)
特に山登りはしないです。