ものもらい親子
見出し画像

ものもらい親子

こんばんは。今夜もやまだです。

2週間前から"ものもらい"に苦しんでいます。親子で…。オレはまぶたの裏に米粒ぐらいのしこりができ、普段はコンタクトなのですが付けることもできず。

とりあえず、メガネで生活していたのですが、どうしても会社に行かなければならない日が発生してコンタクトをしたらみごとに悪化(笑)

翌日、病院に行き「とりあえず目薬で様子見るけど治らなかったら切開ね」と恐ろしいことを言われる。切開って、切って開くと書くんですよ?恐ろしい表現。

その間、娘もほぼ同時にものもらいになっており、まぶたにぷっくり膨らんでる。痛くはないらしいが、やはりコンタクトが付けれない。メガネで塾にいくのが嫌らしく、寝る前に蒸しタオルをせっせと作り温めたりしていた。

そうしている間にオレのものもらいはよく分からないができている右眼が殴られたように痛くなる。ギアスが発動するのか?と思ったが、命令を強制できるとしてもこれは痛すぎる。というか、ものもらいってこんななの?激痛過ぎて熱っぽくもあったので耐えれず仕事を早退。

目薬の副作用を調べると「眼痛」って出てくる。これか…?とりあえず、1日4回2種類さしていた目薬をささないでひたすら寝てみることにした。

起きても痛みは少し軽くなったが、相変わらず痛い。夜、娘の真似をして蒸しタオルをして寝た。

朝起きると痛みがすごく軽くなっていた。蒸しタオル効果なのか、目薬をやめた効果なのか、寝た効果なのかわからん。

検証のため、目薬をさすのを再開してみたが再び痛みが出ることはなかった。つまりは、目薬が原因ではなさそう。とりあえず、このまま週末まで目薬をさして完治すれば御の字だ。

そうしている間、娘のものもらいは変わらずだったので病院へ。

仕事を終えてリビングに行くとヨメがわなわなして「娘が…」と言う。聞くと病院に連れていったらその場で針で刺されたらしい…。

検査台にあごをのせたらそのまま針で刺されたらしい。恐ろしい…。トラウマになりそう。。。

その後、刺された娘は検査台から自然と逃げ腰になり、医者が若干キレ気味になってたらしいが、そりゃそうだろう…。

娘に会うと「刺されたぁ…」と嘆いていていたので頭を撫でたら抱きついてきたのでよしよししてあげた。よしよしするのはいつぶりだろうか。

ちなみに、「刺される時に麻酔してくれなかったぁ」と話す娘に「麻酔するのも注射で刺すから同じじゃん」と冷たく言い放つ息子。いや、ごもっともだがお前絶対その状況になったら騒いでるだろ…。

そんなこんなで、まだ親子でメガネ生活は続きそうです。親子揃ってものもらいに苦しむ2021年夏。

この続きをみるには

この続き: 112文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
このマガジンを購読すると、しがない社会人のしがない日記が読めます。月2回以上更新します。

みんなで日記を書き合うだけのマガジンです。

Thanks!
特に山登りはしないです。