見出し画像

86 エイティシックス|ブックカバーチャレンジ Day5

Day5のブックカバーチャレンジでラノベ枠から選んだ本は、”86(エイティシックス)”です。

ーAmazonより引用

サンマグノリア共和国。そこは日々、隣国である「帝国」の無人兵器“レギオン”による侵略を受けていた。しかしその攻撃に対して、共和国側も同型兵器の開発に成功し、辛うじて犠牲を出すことなく、その脅威を退けていたのだった。そう―表向きは。本当は誰も死んでいないわけではなかった。共和国全85区画の外。“存在しない“第86区””。そこでは「エイティシックス」の烙印を押された少年少女たちが日夜“有人の無人機”として戦い続けていた―。

画像1

ラノベなら、近未来設定とキャラの可愛さバツグンの"SAO"を出すか悩んだが、メカ好きとしては"86"の世界観が良かったです。

戦争のお話なので、そっち方面が興味ない方は難しいかもですね。あと、メカ含めて造語がかなり多いので、それも読むのに苦労するかも知れません。

戦闘シーンがとにかく白熱。個人的に"ガンダム"とか"アルドノア・ゼロ"とか好きなので、いつかアニメ化して欲しい。アニメでこの戦闘シーンの描写は観てみたい。

もうね。圧倒的な戦力差なんですよ。勝てるわけない無理ゲーに挑む中でも、勝つわけですよ。その描写がとにかくヤバいです。

絶望、絶望、絶望。そんな設定からはじまり、その中でエイティシックスたちの前に現れるヒロインのレーナ。エイティシックスとレーナの立場の違いと置かれた状況。顔を合わせることがない中で少しずつ変わっていく雰囲気。そこにまた絶望、絶望。

もうなにか光はあるのかという中でのラストが良かったという一言に尽きる作品。まだ続いている作品なのですが、一度3巻で区切りとなります。この作品は、読めるか、読めないかのハードルが高い作品です。ただ、3巻まで読んで欲しいと思います。

ーー「お久しぶりです、ハンドラー・ワン。」
このなんでもない台詞がイチオシの理由です。


この記事が参加している募集

読書感想文

嬉しいです!
3
特に山登りはしないです。

こちらでもピックアップされています

ブックカバーチャレンジ
ブックカバーチャレンジ
  • 7本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。